キツかったけど、楽しかった…   ツール・ド・にし阿波

2015年5月10日(日)

 エントリーしてから『とんでもなくキツイコース』と知ったツール・ド・にし阿波。

 そもそも一番上の“鬼脚コース”といわれるSSクラス以外は、ちょっとハードなコースだろうと思っていたのです。

 コースマップとコース断面図を見るまでは…

 そのため、GWにはツール・ド・にし阿波対策として、獲得標高が高く、距離もあるコースを順次マイペースで走って、脚慣らしをしてきました。

 迎えた当日。出走するインフィニティのメンバー達とまとまって現地入り。

 スタート位置はバラバラなので、スタート地点から約20km先にあった観光船乗り場で合流。ここから集団でサイクリングを楽しみます。



20150510_①Cコース開会式
Cコースの開会式




20150510_②日向涼子
ゲスト参加したモデルの日向涼子さん




 第一CPから先は徐々に斜度を増す1,000mの登り坂。

 “あんどうR”と“ウエニシ”さんはとっとと先に行ってしまい、姿が見えなくなってしまいました。

 道楽父さんは次の落合峠への坂が不安で、マイペースで登ります。

 最初の峠、『京柱峠』では、高知県側が、広く、明るく、素晴らしい展望でした。




20150510_③京柱峠
一つ目の峠  京柱峠



20150510_④下りに備えて
下りに備えてウィンドブレーカーを羽織ります




 下って次の登りは、落合峠への1,000mの登りです。

 登り始めからモゾモゾともよおしてきます。

 仕方がないので、小屋の陰で小用を足します。さらに不審に思った道楽父さんは、おもむろに血糖測定を行います。

 すると案の定というか、予想以上、測定不能を表す “HI” の表示。

 そりゃあ、尿が近くなるし、のども乾くわけです。

 これが後々体に大きな影響を及ぼすとも知らず、道楽父さんは準備していたメイタンの“2RUN”に手を付けず、電解質パウダーも使わないまま水を補給して坂を登り続けるのでした。

 小用でメンバーに先を越された道楽父さんは、少しペースを上げてペダルを回して先行く人をどんどん抜いていくんだけれど、インフィニティのジャージは一向に見つけられません。



 500mくらい登ったところだったかな? やっとインフィニティジャージをめっけました。“うらせボーイ”です。

 そこでは調子よく“うらせボーイ”に声をかけて抜いてさらに先を目指しました。

 給水をして、さらに高度を上げていきます。 …が、なにか内腿に違和感が…

 ヤバそうな気がして気を付けながらペダリングするのですが、斜度がきつくなったところで…

 やって来ました。 あれが…

 そうです。内腿が攣ったのです。

 右脚を踏み込むと右内腿が引き攣り、左脚を踏み込むと左内腿が引き攣る。

 これを繰り返す状況に、仕方なく自転車を降りて“2RUN”を飲みます。

 それでも足が攣るのに変わりがないので、ダンシングしたり、ギアをインナーローにするなどして、できるだけ負担を掛けないようなペダリングを心がけます。



 そうこうしているうちに“うらせボーイ”に抜き返されてしまいます。

 置いてかれるのは嫌なので、少し無理をして残り少ない落合峠を登りきりました。




 メンバーの待つCPに到着すると、少しほっとします。




20150510_⑤落合峠CP
落合峠のCPにて・・・    いい景色だね





 しばらく休んで、補給して、そして落合峠で記念撮影して、今度は長い下りです。


 下りきったら、また登り。

 今度の登りは最後となる登り。しかも200mくらいの登りだったはず。

 しかし、一度引き攣った脚では斜度が緩い200mの登りも大変ツライものとなります。

 途中、ブルースのキノコダッシュに助けられ、“ガリガリ君”の待つ最後の峠を目指します。

 ホント、峠に到着したときは、お接待の“ガリガリ君”と、『登りはこれで終わり。』という安心感に正直ホッとしました。




20150510_⑥ガリガリ君
ここで ”ガリガリ君” のお接待を受けることができるなんて…   サイコーです





 あとは下って平坦路を走るだけという安堵感から、自然とペダリングは軽快になります。

 最終CPでは、名物“半田そうめん”をおかわりさせて頂いたり、“そば米雑炊”を頂いたり、そして“オカザえんぬ”という東みよし町観光PRキャラクター(非公式)から、イチゴのお接待を受けたりと、満腹になるまで過ごさせていただきました。



 最後は残り20kmくらい、吉野川沿いを遡ってスタート地点に戻ります。



 この日、最高の天気のもと、一日サイクリングを楽しみました。

 チームメンバーと過ごすサイクリングイベントは、いつもの個人サイクリングとは一味違って楽しみも大きく感じるものですね。

 あとは、もうちっと身体をしっかり作っておかないといけないですね。

 今後に向けての反省点も見えたサイクリングでした。



PS:帰ってから気づいたのですが、風邪をひいてたみたいです。発熱してたし、水曜日になった今でも喉が痛い。当日、気にしていた鼻の症状は軽減したので、もうほとんど治りかけですが、花粉症と思い込んでたんで、サイクリングにも参加できたんで、結果オーライかな?



走行距離:132.1km  獲得標高:2,593m  消費カロリー:3,074kcal
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。