FC2ブログ

Cannondale しまなみ試乗会に行ってきた!

2015年9月5日(土)

 今日は多々羅公園で開催されるcannondaleの“しまなみ試乗会”に行ってきました。

 せっかくの休日ですから、ある程度は自転車に乗りたいと思っていましたが、一緒に行こうと声をかけた“あんどうR”が 『自走で行くよ。』 と言うので、無謀にも ”道楽”父さん自 も走で参加することにしました。

 試乗会は9:00から始まります。9:00~11:00の時間帯は混雑するということでしたので、早めに着いておきたいと思い、4:30に出発することにしました。

 しかし、4:30になっても “あんどうR” は待ち合わせ場所に現れません。まさかの”寝坊です。
 それでも5:00前には出発。コースは最短距離の水ケ峠経由です。

 『少しは楽に走りたいなぁ。』と思っていたので、『少しくらいは遅れてもいいか。』と考えてたのですが、相棒は“あんどうR”です。坂がきつくなるとゴイゴイ漕いで行きます。
 ゆったり楽に走ることは諦めて、なんとか“あんどうR“について行こうと頑張ってペダルを回します。
 お陰で7:00前には来島海峡大橋にたどり着くことができました。



 天気が良く、来島海峡大橋を走るのはとても気分が良かったです。
 大島に渡ってから、走りながら適当に撮影した来島海峡大橋もなかなかいい感じです。





20150905_①来島海峡大橋
来島海峡大橋     いい感じ




20150905_②来島海峡大橋
大島側から走りながら適当に写した写真だけど、なかなかいい感じ!





 絶好の天候の下、気持ちよく進んでいきます。

 伯方島に渡る頃、前を走る自転車が2台近づいてきました。
 “あんどうR”は、前を走る自転車を見るとやっぱりペダリングに力が入ります。
 キツイけど “道楽父さん” も同じように力を入れて漕ぎます。
 『もしかすると、会場に早めに着こうとしているのか?』
 そう思った “道楽父さん” は、先頭交代した後もペースを維持します。
 すると『何、急ぎよん。』的な言葉が “あんどうR” から…
 え、え~? そう来る???



20150905_③多々羅大橋
大三島へやってきました。  多々羅大橋です。






 まぁ、会場は目の前だから、もうそのままのペースで走って会場入り。

 当然、会場はまだ準備中。来客者もまばらです。
 これで、早く試乗車に乗ることができると、ちょっとホッとしました。



 今回はSupersixEVO,CADD12,Synapse HI-MODの試乗ができます。会場には100台を超える試乗車が並んでいて壮観です。




20150905_④CAAD12
CAAD12




20150905_⑤試乗車
大量の試乗車





 “道楽父さん”が試乗したのはCADD12とSupersixEVOの2台。
 “道楽父さん”一の番のお目当ては、CAAD12でした。

 SupersixEVOがいいのは当然ですが、ビックリしたのはCADD12。
 試乗したのはCAAD12 Black Incでしたが、とんでもなく軽く、前に進む進む!
 いつも乗ってるBikeはコンパクトクランクです。試乗車はノーマルクランクですが、それを感じさせないペダリングの軽さにオドロキでした。路面からの振動吸収も良好。 『これってホントにアルミバイク???』 って思わせるロードバイクでした。

 お金ないのに欲しくてたまらない。どうしましょ。




 今日は午後から天気が崩れる予報でした。
 少し後ろへずれ込んだようですが、それでもできれば雨には降られたくないものです。
 正午には現地を出発して帰路につきました。
 あとは今治で昼飯を食って帰るだけ。

 ロングライドで今治方面へきて食事する機会はあまりありません。今日は絶好の機会です。
 で、前から気になっていたKARMAでスパイシーなカレーを食べることにしました。





20150905_⑥KARMA
ホントに営業している店なのか…  ちょっと怪しげなたたずまいですが、営業してます。




20150905_⑦チキンカレー
チキンカレーです。





 さぁ、チキンカレーをいただきます。
 ご飯を口に入れ、続いてカレー。これを2~3回の後、サラダを一口。
 無言でこの繰り返し。
 結構、短い時間で完食。そして大きめのコップになみなみと注がれている水を一気に飲み干す。

 カレーは評判通り、スパイシー。
 でも、さわやかな辛さでした。



 さぁ、目的を達したので、あとは雨に降られないで帰るのを願うだけです。
 復路も往路と同じ水ケ峠経由です。
 “しまなみ” でも “あんどうR” の力強いペダリングになんとかついて行こうと頑張っていたので、 “道楽父さん“ の脚はだいぶ疲れています。
 さて、どうなることかと心配しながら、最後の坂に向かいます。



 玉川町に入る頃、ゆるい坂で ”あんどうR” が 『カレーが出てきそう。』 と漏らします。
 そりゃぁそうでしょう。やっぱり力入れて漕いでますもん。 “道楽父さん” も同じです。いつカレーが上がってこないか心配です。



 さらに進むと玉川ダムへの登りが見えてきます。

 『このキツイ登りもゴイゴイ行くんだろうなぁ。』

 そう思ってたら、予想通り “あんどうR” はゴイゴイ漕いでいきます。
 “道楽父さん” は、もうついていけません。
 ダムまでの登りですでに大きく引き離され、玉川ダム湖畔の直売所あたりでやっと追いつきます。

 この先は長く、そして最後はキツイ登りが待っている水ケ峠です。
 当然、人家がなくなり斜度がキツクなるあたりから顕著に引き離されていきます。
 頑張ってペダルを漕いでも離されます。

 早い段階でローギアになっています。
 そして、“あんどうR”が視界から消え、インナーローなのにまともにペダリングできない “道楽父さん”。
 最後はダンシングしながら右へフラフラ、左へフラフラしながら、やっとのことで水ケ峠トンネルにたどり着きます。

 そこで傾斜が緩くなるのでアウターにしてみようとフロントの変則をしようとしますがシフターが動きません。

   『??? アウターローで登ってたの?』

 アウターローで登っていることに気が付かなかった “道楽父さん” は、思わず心まで折れてしまいます。

 水ケ峠トンネルの緩い登り傾斜はインナー3rdでヨロヨロ…
 水ケ峠トンネルを出たところで待っていた“あんどうR”と合流。しかし、下りでも疲れ果てた脚はまともに回りません。少しでも登りになると途端にスピードは大幅に減速。

 もう、満身創痍状態で16:00に帰還しました。

 いやぁ、今日は脚を酷使したロングライドでした。明日には筋肉痛がでるかな?



走行距離:約190km  消費カロリー:3,572kcal +α
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。