FC2ブログ

リカバリー in 酒樽

2015年9月20日(日)

 昨日は、松野町で開催されたクロスカントリーマラソンin 奥四万十 実地検証トライアルに参加していました。このイベントの帰りに、“もりっち” が翌日も走りに行きたいと言うので、ボロ雑巾のようになった身体で自分のペースで走って、なおかつ楽しめるコースは?

 ということで、UCYホームコースの酒樽にリカバリーライドに行くことにしました。

 しかし、起き抜けから背中の痛みが抜けていないし、自転車に跨ればお尻は痛いし…
 50kmちょっとの短い距離とはいえ、果たしてまともに走れるのか不安になってきました。



 待ち合わせ場所にしていたUCY最寄りのサークルKを 6:50 に出発。
 先頭を走る “あんどうR” も、今日は、軽いギアを軽快に回しながらゆっくりとしたペースで走ってくれます。
 お尻の痛みのないライディングポジションも探し当て、とりあえず、不安要素を減らして目的地に向かうことが出来ました。
 ですが、サイクリングロードではいつもにも増して向かい風が強い!
 脚に負担を掛けないよう、さらにペースを落として進みます。



 山之内の手前、橋を渡って重信川右岸の道路に入っても先導する “あんどうR” のペースはゆっくりです。
 これで少し安心して走る “道楽父さん”。

 でも、これは騙しでした。

 自販機のあるところで緩やかな登り坂に差し掛かると “あんどうR“ のペースが一段上がります。
 そして大きな堰堤のある短いけどキツイ坂になると、さらに一段ペースが上がります。

   『これは採石場のところあたりから、また少しペースが上がるかな?』

 そう思って心の準備をしていたら、小学校跡地あたりからまたペースが上がります。


   『予想通りだ。』


 もう後は先導する “あんどうR” について行くだけです。
 “もりっち” と “道楽父さん” は、ヨレた体に鞭打って、最後のコークスクリューだけ思いっきり踏ん張って緩やかな最後の区間にたどり着きます。



 徐々にペースが上がると、弱った脚にはちょっとキツかったけど、最後の6kmくらいだけだから、もしかしたら丁度良い負荷だったのかもしれません。

 短い時間でしたが、いつもの場所で少しまったりして仲間と過ごす時間は、いいものですね。





20150920_酒樽
いつもの場所で、ひと休み


走行距離:54.1km
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。