天空の道   秋晴れで爽やかだけど、風は冷たかったぞ!

2015年10月31日(土)

 今日は、Team Daieizanの“スーさん”からのお誘いを受けて“もりっち”とともに道の駅 木の香から瓶ケ森林道、別名『天空の道』を通って『山荘しらさ』を目指すライドに参加してきました。

 このライドに参加するのは、企画者のスーさん以下7名。
 INFINITYから“もりっち”と“道楽父さん”の2名が参加しましたが、ほかの参加者は、ブルべをしている方、MOKKUのメンバー、実力派クライマー、のってるガールズEHIMEのメンバーとさまざま。

 単なるファンライドと思いきや、出発前に顔にドーランを塗って、お手製シールを貼り付ける“スーさん”!
 しかも、仮装グッズ持参。ツノを手渡された“もりっち”は、終始、ヘルメットにツノをつけて走っていました・・・





20151031_02ハロウィン仕様のスーさんともりっち
ドーランで仮装する”スーさん”とヘルメットにツノを付けた”もりっち”






20151031_00集合写真
ハロウィン仕様のメンバー集合写真





 スタート地点の道の駅 木の香では、すでに紅葉Max!8:30頃でも肌寒い感じでした。





20151031_01木の香の紅葉
しっかり紅葉してます。





 道楽父さんは、薄手の冬用アンダーウェアに薄手と厚手の長袖ジャージを重ね着。足は夏用のレッグカバーといういでたちです。
 『これでは暑いかな?』と心配していましたが、適度なスピードで登っていったので、ジャージやアンダーウェアのファスナーを下げたり上げたりして調節して丁度いい感じで瓶ケ森林道の入口に到着。





20151031_03瓶ケ森林道へ
瓶ケ森林道     次のトイレまで24kmあるんだ…





20151031_04寒風山
寒風山を越えるガスの塊    稜線クッキリ。いい景色です。





 日差しが当たると少し暑く、日陰に入ると寒くなるの繰り返しですが、ウェアの選択は丁度良かったようです。
 天候も安定しているので、周りの景色を楽しみながら気持ちよく進みます。






20151031_05天空の道へ
絶景ポイントへ向かうメンバー





 そして、絶景ポイントに到着。
 『さて、写真撮影を…』 と思ったら、何やらガスが愛媛側から稜線を越えて流れてきています。
 しかも、その勢いは増し、だんだんこちら側に押し寄せてきて、そのうちほとんどガスに覆われる始末。





20151031_06ガスが・・・
ガスが・・・





 ガスがなければ、まさに『天空の道』と呼ばれる絶景が見られるはずなのですが… 
 残念です。
 上空は青い空が広がっていい感じですが、視線を前に戻すと… orz



 当初はよさこい峠から長沢に下る予定でしたが、午後の絶景に期待して往路を引き返すことにして『山荘しらさ』を目指します。そして、ここでクライマーくんが用事があるため一人離脱して帰っていきます。

 ガスが稜線を越えてくる場所はとても冷たい風が吹いてて、体が凍えます。
 ウィンドブレーカーを羽織り、それまでよりも激しく体を動かして体を温めながら先へ進みます。






20151031_07瓶ケ森
ガスが流れる場所を越えると・・・   瓶ケ森が見えます。





20151031_08山荘しらさ
山荘しらさに到着






 『山荘しらさ』では、『自転車の人もハロウィンなんですね。』と声を掛けられ、ブログ用にと撮影の申し出まで…
 ”スーさん”の顔がよほど目立っていたんですね。

 ここで楽しみにしていた食事ですが、寒さに凍えた一行は、“スーさん”を除き、『鍋焼きうどん定食』で凍えた体を温めました。






20151031_09鍋焼きうどん定食
凍えた身体が温まる ”鍋焼きうどん定食”






20151031_10オサレなランチ
”スーさん”は、一人オサレなランチです。





 『山荘しらさ』でゆっくりと時間を過ごしてから、絶景を期待してきた道を戻ります。


 食事の前には石鎚の前に広がっていた雲も今は晴れているので、帰りは展望が期待が出来るかな?

 果たして瓶ケ森から先はどうかな? と視線を先にやると…
 ガスは晴れて先まで見渡せます。
 予定を変更して正解です。






20151031_10石鎚山
ガスが晴れてスッキリ!  石鎚山もキレイに見渡せます。





 ここから先は下りが主体になります。スピードも上がりますが、冷たい風も吹いているので、ウィンドブレーカーを着こんで進みます。

 そして・・・   絶景ポイントでは、見通しのいい状態が待っていました。






20151031_11天空の道
絶景かな  絶景かな





 とりあえず、手前で写真を撮ったり、登山道に入って瓶ケ森を望んだりしばし休憩を取ってから再スタート。


 さて、行きに写真撮影が出来なかった絶景ポイントで止まるのかな? と思いきや、“スーさん”止まらずに行ってしまいます。
 『十分絶景を楽しんだので良かったのかな?』と思ってたら、寒風茶屋に到着してから絶景ポイントを見過ごして通過してきたことに残念そうな“スーさん”。

 さすがに10km近く戻って絶景ポイントで写真を撮影することにはならず、そのまま下ってハロウィンライドは終了です。


 道の駅 木の香には温泉施設があるので、冷え切った身体を温めて松山へ帰りました。


 社交的な“スーさん”のお陰で、普通なら一緒に走ることのないメンバーとライド出来たことはとても新鮮でした。
 たまには、こういったライドもいいもんですね。


走行距離:64.4km   獲得標高:1,727m
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。