UCY年始サイクリング 愉楽走

平成29年1月15日(日)

 今シーズン最大の寒波が襲来しました。
 めっちゃ寒い中、今年のUCY年始サイクリング “愉楽走” の出発地、道の駅 伯方S・Cパークに向かいます。
 しまなみ海道に入る直前、吹雪になってるんですけど・・・
 寒さにビビる “道楽父さん” です。

 スタート前には陽の光も差していい感じになってきましたが、風はめっちゃ強い!


めっちゃ風吹いてる
20170115_01出発前


 果たしてまともに走れるんだろうか?
 いやいや、それより “道楽父さん” は、まだまだ身体が鈍っているんです。
 “道楽父さん” が参加するロングコースのメンバーを見ると知った人ばかり。
 ハイペースになることが予想されます。
 めっちゃバテて、早々にチギられる心配が、脚が攣る心配が、頭をよぎります。
 まぁ、それも身体を戻していく過程だと言い聞かせて、できるだけ頑張って走ることにしました。

 コースは、ブルーラインに沿って時計回りに伯方島を1周した後、大三島に渡り、同じく時計回りで大三島を1周するコース。
 ただし、途中、台ダムを1周した後に “入日の滝” まで登ったり、大三島少年自然の家を過ぎて島の北側に行くのに山の中のる農道を辿ったりと、“愉楽走”らしさが散りばめられています。

 伯方島は30分ちょいで1周。結構なペースです。
 大三島に入ってから、南側の海岸線では、最初の登りを越えてからペースダウンをすることに。“道楽父さん” は胸を撫でおろします。
 しかし、大三島に入ってから雪が降ってきました。
 それでも、メンバーで話をしながらサイクリングしてるので、ツラさを感じるほどではありません。
 “入日の滝” で最初の休憩。
 ここまで休憩がなかったので、途中で走りながらゼリーで栄養補給はしていましたが、ここで再度補給します。

 天候は、晴れたり曇ったり、そして雪が降ったり、向かい風が吹いたり・・・
 しかし、“入日の滝”から昼飯を食べるため大三島支所へ向かった途端、霰が降り出しました。しかも吹雪のような状態。霰が当たる顔が痛いのなんのって・・・
 霰が降った時間は短かったので助かりましたが、思わずネックウォーマーで顔を覆い隠したぐらいでした。
 大三島支所前の “よし川” で昼飯を食って、大山祇神社にお参りをして、しばらく休憩してから、多々羅公園を目指して再出発です。


入日の滝 まで来たよ。
20170115_02入日の滝


 腹いっぱい昼飯を食った後なので、少しはペースを落としていくのかと思ったら、北側の海岸線に出るといきなりのペースアップ。
時速45km/hを越えるスピードまで上げるもんだから、心臓は張り裂けそう!
 その後も35~40km/hちょいのスピードでの巡行。
 しかも、先頭交代しながら走るもんだからヘタッピな “道楽父さん” はうまくローテーションできず、インターバルの繰り返しみたいになって、島の東側に回る頃にはヘロヘロになっていました。
 ローテに加われなくなってきて、多々羅公園手前2kmくらいでは先頭集団から40mくらい離されてしまいます。
 最後に少しだけペースが遅くなったようなので、最後のひと踏ん張り。
 あと10mくらいのところまで近づいて、多々羅公園到着です。

 最後の海岸線、心拍数はずっと175bpmを越える状態。Maxは181bpmと、最近の身体の鈍り具合が正直に出てしまってます。
 多々羅公園で休憩した後は、もう伯方S・Cパークまであと一息。
 気持ちよく走って伯方S・Cパークに到着して今日のサイクリングは終了。


多々羅大橋
20170115_03多々羅大橋



 今日は多々羅公園で休憩中にガーミンの電池が力尽きてしまったので、同行した “イノさん” に走行距離を確認したところ、76.8kmとのこと。
 距離はそう長くないけど、今日はかなり負荷が高いサイクリングになりました。
 準備が不十分で心配の種はいくつもありましたが、なんとか走り切れてホッとしました。
 これでまた少し、身体が元に戻ってきてるかな?


走行距離:76.8km
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。